読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八ヶ岳 あかね農園のブログ

八ヶ岳で2014より就農します。有機JASの取得を目指しています。


あかね農園のご紹介はこちら!はじめての方はこちらをご覧下さい。→→→→✨あかね農園のご紹介✨クリック

Facebookページは頻繁に更新しています →→→→✨八ヶ岳あかね農園のFacebookページクリック

明けましておめでとうございます

有機JAS認証取得への道

明けましておめでとうございます。

2014年1月1日はあかね農園の設立日です。これからよろしくお願いします。

とは言うものの出荷できるものはほとんどなく、トラクターを買うために借りるお金の申請書類をせっせと作っております。

本当は昨年内に出すつもりだったのに延び延びになっています。新規就農者は手厚い国からの支援を受けることができ(賛否両論ありますが…)その中の一つに「就農支援資金」というものがあります。返済義務はありますが無利子でお金を借りることができます。亡き母の「無利子の借金は(繰り上げて)返すな、利子の高いものから返済せよ」という教えを胸に刻み込んでいる私は、トラクターを買う等の「借りやすいお金」は借りることにして、今持っている資金は住宅ローンの返済にあてたりアベノミクスmoreに期待して置いておくことにしました。

f:id:akane-farm:20130913155838j:plain

農業の資金支援制度は概して「新品のほうが手続きが簡単」です。これから事業を始めようって人はなるべく投資を少なく、借金も少なくしてリスクを減らすべきだと思っていますが、どういうわけか「新品」「JAや資材メーカーにおまかせ」にしたほうが審査が通りやすい…、ような気がしてなりません。また、「どうせ融資してもらうならたくさん融資してもらった方がいい」ような気もしてしまいますが、返さなくてはいけないお金が増えるだけだと自分に言い聞かせます。人は一旦お金が手元に入れば自分のお金のように錯覚してしまう、借りたお金だということを思い出すのは返済のときだけ…。支援資金の場合返済は半年に一度、初回返済は翌年の1月からとなることが多いのでうっかりすると借りたんじゃなくてもらったと勘違いしてしまいそうです。

というわけで、そうはいっても高い買い物ですので中古で具合のいいものを選びました。

私もすっかり自分が融資を受けれるような気になっていますが、書類を出さない限り誰も融資してくれないんですよね。急ぎます。

新年早々お金お金とお金の話ばかりになってしまいますが、割と好きなもので^ ^;

融資のための書類を作ったら、次はお客様にお見せする生産・出荷計画作りです。急ぎます。